飾る楽しみ!箱入りの手のひら雛人形

雛人形とは

3月3日の桃の節句。室町時代から続く日本の伝統行事です。お雛さまは、子供が健やかに育ち幸せになって欲しいという願いの身代わり人形の役として、初節句を迎える女の子に贈られてきました。特に決まりはないようですが、立春から桃の節句1週間前までに飾ると良いとされているそうです。

関東ではお雛様が向かって右側、関西では左側など、地域によって違うそうです。節句が終えたら、天気の良い日になるべく早めにしまわないとお嫁に行きそびれると言われており、お嫁に行った後の雛人形をどうするかも個人レベルでさまざまのようです。

あなたの楽しみ方は?

親子で…

ひな祭りは、その時代の親の気持ちが伝統になっているようですが、現代は早くお嫁に行くことが良いとされる時代ではなくなっております。今の時代に合わせた個々の楽しみ方ができたら素敵ですね。言い伝えを親子で楽しみながら、娘の彼氏話に花を咲かせるのも楽しいのではないのでしょうか。

人形の個性…

私が子どもの頃は、7段飾りの雛人形を飾っているお家にわざわざ見に行くなど、友達との雛人形を比べたり、お人形のお顔もさまざまで、美人だったりふっくら幼顔だったり見比べて色々思っておりました。立派なのが好き。変わってるのが好き。可愛いのが好き。コンパクトが好き。その娘によって好みも様々ですが、両親や祖父母からの愛情プレゼントなので、どんな雛人形なのかはお楽しみです。自分の人形を大事にし、贈っていただいた相手や、お人形そのもの、そしてつくった職人さんに感謝できるようになるのもその娘次第。そんな成長を感じることも楽しみだったり。

飾る…

お子さんのためにはもちろん!季節のディスプレイとして玄関やリビングに飾るのも素敵ではないでしょうか?お客様を迎える玄関、家族が集まるリビング、お店のディスプレイなど、楽しみ方も人それぞれです。自分の中にワクワクをつくることで、それを目にした人が自然に笑みが溢れたら、それは最高に幸せなことですね。

収納に便利な雛人形

箱のまま飾ったり、出して折り紙などでぼんぼりや屏風を作ったり飾る楽しみができる雛人形をつくりました。桃の節句までまだ間に合う!もしあなたにワクワクを感じていただけたら嬉しく思います。

ショップページはこちらから